モビットは使い方も幅広い|おまとめとしての利用にも向く

おまとめローンを更に詳しく

おまとめローンはどの程度の良さがあるか

借り入れを一本化するおまとめローンは、返済先が1社で済み、金利の低下による利息負担の削減、毎月の返済負担の低下と大きなメリットがある借り方となります。特に消費者金融で高い金利で借りているものを銀行でまとめるとメリットも大きく、返済金額も半分程度に抑えられる可能性があります。

 

とは言え、おまとめローンも使い方によっては金利の低下がほとんど期待できない場合もあります。それでも返済先が毎月1社の1件で済むとなればメリットですが、どうせなら金利も低下をさせておきたいものですので、おまとめローンの良さ、賢い使い方を知っておきましょう。

 

まず、おまとめローンで金利を下げたいのであれば、総額での借り入れが100万円以上は無いと効果が薄いです。5万円と10万円と20万円の3社の借り入れを利用している方がおまとめローンとして借りたところで、金利はほとんど変わらないでしょう。

 

おまとめローンで金利を下げるためには総額で100万円以上の借り入れが必要で、特に消費者金融の上限金利でそれぞれから借りている場合にメリットが大きくなると考えておくべきです。

 

もう一つ重要なのが、おまとめ先の上限金利です。金利を見る際に下限金利ばかりに注目してしまう方がいますが、基本は上限金利の適用となるので、おまとめ後の金利比較をするなら上限金利を見ておいてください。

 

ただ、低金利とされている銀行のおまとめローンと比較をする際には、限度額に応じた金利を見なければなりません。限度額によって金利が変わる銀行の上限数値を見ておけば、おまとめローンも賢く便利に正しく使えるようになります。